VISAの取得について

入国にはビザが必要です。 60日以内の観光・商用目的ならポートモレスビーのジャクソン国際空港で到着時に取得できます。

必要書類
 ・往復の航空券
 ・6ヶ月以上の残存期間があるパスポートの提示

日本にて事前にビザを取得することもできます。
日本でビザを取得する場合は、パプアニューギニア大使館が窓口となっており、必要書類は以下の通りです。 (詳細は大使館にご確認下さい)
※ ビザ取得料は無料です。

観光の場合
 ・ パスポート
 ・ 往復の航空券または航空券の予約証明書
 ・ 写真(5cm×5cm)1枚
 ・ 申請書1通

所要日数
2日間(申請の翌日受領)

パプアニューギニア大使館
Embassy of Papua New Guinea in Japan
〒153−0064 東京都目黒区下目黒5-32-20
TEL: 03(3710)7001    FAX: 03(3710)7040
ホームページ: www.png.or.jp


入国カード/税関フォームの書き方

@ 名字
A 名前
B 性別 〔Male:男性,Female:女性〕
C 生誕国
D 国籍
E 誕生日(日/月/年の順)
F パスポート番号
G パスポート有効期限
H 到着便名
I 搭乗地
J 職業
K PNGでの主な滞在先
L 連絡先(電話番号、メール等)

下記の質問に答えてください。不確かな場合はYESにチェックしてください。
下記の物品をパプアニューギニアに持ちこみますか?
1. 禁止または規制されている物。
不法な薬物、ポルノ映画、雑誌等、ナイフ、武器
2. 転売や営業目的の物品
3. 20000キナもしくは同額の外貨
4. 大人一人に対し1000キナ、18歳以下一人に対し500キナを越える新品の物
5. 2リットルを越えるアルコール類、葉巻タバコ250本、250gを越えるタバコ
6. 肉製品、油脂、乳製品、乳児食、菓子類、ハーブ、香辛料など
7. 植物、植物の一部、果物、ナッツ類、種子、球根、花、藁、木製品、竹、サトウキビ、きのこ類、肥料など
8. 動物、器具やワクチン、培養、血液などの、バイオテクノロジー製品を含む動物や農業製品
9. 過去に農業地域を訪れたり、家畜に触れましたか?
10. 過去に食肉処理場、食肉包装施設、栽培場を訪れましたか?



AまたはBの一方をお答えください。
1. A パプアニューギニアへ帰国する居在者
2. B 旅行者、一時入国者
3. 感染症にかかっていますか?
4. 犯罪歴がありますか?
5. パプアニューギニアにいつまで滞在しますか?   (年/月/日)
6. 居住国
7. パプアニューギニアへ渡航の目的
 A. 乗り継ぎ  F. 休暇
 B. 会議  G. 就職
 C. 商用  H. 教育
 D. 出張者付き添い  I. 他
 E. 訪問

署名/日付




出国カードの書き方はこちら














記入が必要な欄はありません

1.名字
2.名前
3.国籍
4.a パスポート番号
4.b パスポート期限
5.生誕国
6.誕生日(日/月/年の順)
7.性別 
 Male:男, Female:女
8.婚姻
 Never Married: 未婚
 Now Married: 既婚
 Widowed: 未亡人
 Divorced: 離婚
9. 日本人はC欄を記入します
 1.PNG滞在日数を記入します
  (YRS:年 MTHS:月 もしくは DAYS:日数)
 2.PNGでの滞在都市
 3.居住国
   通常は JAPAN です
10.主たる職業
11.出国の明細
 -Date 出国日(日/月/年)
 -Flight No. 出発便名
 -Name of Ship 記入なし
 -Airport/Port
  ポートモレスビーなら「POM」
12.降機予定地
SIGNATURE 欄に 署名をし、
DATE 欄に 当日の日付をご記入ください


税関 検疫について

パプアニューギニア政府農業検疫所(NAQUA)ではパプアニューギニアの農業,林業,水産業,酪農業を守るため、また、この国の貴重な生態系維持のため、動植物及びそれに関わるすべての物を対象に持ち込みの制限を行っております。 ご協力をお願いいたします。

持ち込みが禁止されているもの
・犬,猫,その他小動物
・鳥類,巣,葉,羽,家禽製品(ニワトリ,アヒル,シチメンチョウ,ガチョウなど)
・卵,また原料に微量でも卵が含まれるすべての食品(カップラーメン等を含む)
・すべての肉類(生肉,冷凍肉,乾燥肉,缶詰肉)
・活魚
・生きた昆虫類
・乳製品
・生物培養,有機体,動物の精液などに関するもの
・ハチミツ,花粉その他ミツバチに関連するもの
・製品加工されていない動物の骨,皮,角
・土
・わら,わら細工
・生植物,摘み取られた植物,及び植物の繁殖に関連するもの
・花,種子など
・シリアル(製品加工されていない植物類)
・果物,生野菜
・製品加工されていない穀物類
・一度使用された穀物などを入れる袋

持ち込みが許可されているもの
※必ず申告して検疫係官にその物品を提示する必要があります。
・ビスケット,ケーキなどのお菓子類 (調理済で、製品化されているものに限る)
・加工処理された植物製品(個人消費を目的としたものに限る)
 小麦粉,お茶,コーヒー,砂糖漬けの果物,朝食用のシリアル,パン,ナッツ類など/ピーナッツは炒ってあるものに限る
・缶詰,瓶詰,調理・乾燥させた魚類 (ただしサケ,マスは除きます。)
・製品加工された木工品
・製品加工された羽,なめし皮
・商品用に梱包され、水気を含む状態,乾燥または冷凍されて缶詰,瓶詰めにされた果物や野菜類
・乳児ひとりにつき1kgまでのベビーフード(ミルクを含む)
持ち込みが可能かどうかが分からない場合は、検疫係官にお尋ねください。
検査の上、持ち込み可能であればお返しいたします。